東京安心安全美容整形外科 2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼瞼下垂のまぶた治療方法

たるみの原因には、眼瞼下垂というまぶたを引っ張り上げる筋肉が細く弱くなるものがあります。

この場合、切開法は効果がありません。

脂肪が原因ではないためです。

形成外科や眼科でも、眼瞼下垂手術は行われています。

この手術には保険を使うことが可能です。

たるみの原因が眼瞼下垂及び脂肪の人もおり、そのような時眼瞼下垂手術と切開式は併用されます。

眼瞼下垂は生まれつき筋肉や神経に原因でたるみが出る先天性と、加齢や目を酷使する行為、パソコンの長時間使用などによる筋肉や皮膚の弛緩によってたるみが出る後天性があります。

眼瞼下垂の原因が後天性の人に対する手術は、これまでは挙筋短縮法という眼瞼挙筋を一部切除して全体を縮めるという手法が用いられてきました。

直接筋肉を縮めるので重度の眼瞼下垂に対しても有効に作用します。

しかし、交感神経と非常に関わりの深いミューラー筋を傷つける可能性があります。

そのため、まぶたの筋肉に問題がなければ、挙筋前転法が有効な治療方法です。

筋肉を切除せずに処置できることが利点で、挙筋腱膜と瞼板を調整しながら固定し直すというものです。

どの医療機関でも可能というわけではないのがネックで、手術には経験値や技術力が必要とされていますが、後天的な要因で眼瞼下垂になった人には有用です。

挙筋短縮法という方法は多くのクリニックで導入されていますが、実際に正しい術式で治療されているとは限らないので注意が必要です。
スポンサーサイト

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法

自宅でのシワ取りでは追いつかないほど深く大きなシワができてしまうこともあります。

この場合、眉間やほうれい線のシワを消したいならば、ヒアルロン酸の注入手術を美容整形で受けるという方法があります。

ヒアルロン酸はもともと肌のハリや弾力、潤いを維持するのに欠かせない美容成分です。

このヒアルロン酸を科学的に合成し、シワが気になる箇所に注射します。

そうすることで、肌の弾力を取り戻しシワをなくすのです。

以前の美容整形ではシワ取り方法としては、コラーゲン注入が一般的でした。

ですが、コラーゲンを皮膚に注入する時はアレルギーの有無をテストしなければなりませんでした。

このテストは結果が出るまでしばらく待たねばなりません。

一方、ヒアルロン酸でシワ整形を行う場合は、アレルギーを心配する必要はありません。

従って、手術を受けたいと思った時に時間をおかずに施術を受けることができますので、多くの人の支持を得ています。

ヒアルロン酸注入はコラーゲンより効果を維持できる期間が長いのもメリットです。

注意しなければならないことは、シワを目立たなくする効果はずっと続くものではないということです。

時がたつと、ヒアルロン酸はゆっくりと吸収されていきます。

そして、肌の状態は以前のものになってしまうのです。

持続期間は個人差があるものの半年から1年くらいといわれています。

ヒアルロン酸によるシワ取りは誰でも気軽にでき、効果も実感できるものなので、初めてシワ取りの美容整形をする人にはおすすめのシワ取り方法です。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

簡単にできるシワ取りの方法

家庭で手軽にできるシワ改善ケアにチャレンジしてみませんか。

目じりや首の小じわが目に止まるようになってきたら、対処が必要な頃です。

早い段階でシワのケアをすれば、その分だけ効果があります。

まず目のまわりの小ジワを取る方法ですが、これは肌の乾燥が原因ですのでとにかく水分を補給することが一番のシワ取り方法になります。

まず顔全体に化粧水や美容液をたっぷりとつけて水分を補給し、その後片方の手で固定しながらシワを広げてアイクリームを軽くポンポンと叩くようにつけましょう。

これを毎日続けていくと目のまわりの小ジワを取ることができますし、小ジワの予防にもなりますので根気よく続けることがシワ取りの方法では大切です。

スキンケアも重要ですが、深いシワを少しでも目立たなくさせたい時は、顔面の筋肉マッサージがおすすめです。

顔の筋肉を動かすには、アイウエオ運動がおすすめです。

まず鏡に向かって大きい声でアーと口を開けましょう。

これを順番にアイウエオと繰り返します。

この運動のポイントは顔を筋肉を大きく動かすように意識してやることです。

この他、シワを消すためには、マッサージクリームでマッサージをし顔に刺激を与えるとい方法もあります。

気になるシワがあったとしても、運動とマッサージを適切に続けることで、気づけば気にならなくなるはずです。

シワがまだ気にならない人でも、今から対策を立てることは重要です。シワ取り運動、マッサージは予防にもなりますので、ぜひ組み入れてください。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

セルライトエステでダイエットをする

セルライトができやすいところというのは、当然肉がつきやすいわけで、ダイエットしたい部分になるでしょう。

この頑固なセルライトをなくすために、エステではセルライトエステコースという専門のコースを作り、これがなかなか人気を博しているようです。

セルライトができやすい部分に、二の腕があります。

二の腕は肩こりと縁の切れない方の先にあるため、血液の循環が悪くなることで老廃物や疲労物質を溜め込みやすい場所なのです。

あまり動かす事がない二の腕の後ろ側の筋肉は、たるみやすいのでダイエットしたい方も多いことでしょう。

セルライトエステによると、血液とリンパ液の流れがよくなるように計全市、セルライトが排泄されるようにします。

お腹周りもセルライトが出来やすい場所で、過剰な食事、特に夜遅い食事やアルコールをよく摂る方は要注意で、内臓脂肪が付いてしまい、結果基礎代謝を落とす原因となってしまいます。

セルライトエステでは、ウエスト・ヒップから太ももにかけてのセルライトを集中ケアし、女らしさのくびれを作るためのエステコースが人気のようです。

下半身もセルライトがつきやすいところですが、それはむくみや冷え性、それに運動不足やストレスなどが原因になる場合が多いようです。

血液やリンパの流れが滞ることにより、老廃物や脂肪の代謝も悪くなり、結果的に脂肪細胞が大きくなってセルライトになるという流れなのです。

全身セルライトコースでは、体全体の血液やリンパの流れの悪さが原因でできているセルライトをなくすため、レーザーで分解するという法方をとります。

セルライト専用のエステコースでは、なかなか細くなりにくいヒップや太もも、ふくらはぎといった下半身のセルライトもしっかり分解・排泄してくれるので、そういう場所にはセルライトエステを利用するのもいいでしょう。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

セルライトの基礎知識

セルライトとはどんなものでしょうか。

太ももや腹部に凹凸のある筋ができてきていることはありませんか。

セルライトはいつの間にか存在します。

セルライトは白いスジの状態でも確認できます。

脂肪細胞の代謝が衰えると、老廃物や脂肪が絡み合い硬化してできます。

形作られてしまったセルライトを取り除くことはとても難しく、なかなか達成できません。

老化と共に必然的にセルライトは現れるのではないかともいいます。

セルライトは無策のままでは年と共に増える一方です。

自然に消え去るということはなく逆に大きく目立つようになり、みっともなくなります。

運動を始めたり、サプリメント摂取して不足している成分を補ったり、セルライトの対策はいろいろです。

どのような運動をすれば、セルライトが解消されるのか、セルライトのサプリメントはどんな成分を摂取すれば良いのでしょうか。

より適切なサプリメントを選び出すためにも、どういった栄養成分が欠けていてセルライトができたか確認してください。

主として、セルライトは血流の不良で発生しやすいようです。

血流不良はホルモンの乱れや、冷え性や運動不足、食生活などが理由になります。

新陳代謝の衰えや血流不足によって脂肪細胞が固まってしまうものがセルライトだと考えられています。

30代からの女性はセルライトが多く、確認できたからのダイエットでは手遅れといえます。

出来てしまったセルライトを解消するには、サプリメントや漢方の力を借りるのも方法の一つです。

もちろん出来る前に予防策として、不足しがちな栄養分をサプリメントで補って出来ないようにすることも大切です。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

クリニックでの目の下のたるみ取り

美容クリニックなどで手術を受けて、目の下のたるみをなくす方法があります。

目の下のたるみをどうしても取り除きたいという人におすすめです。

目の下のたるみを取る方法はいくつかありますが、クリニックごとに差が大きいので内容をよく確かめて自分に合ったものを探しましょう。

目の下のたるみが皮膚のたるみではなく脂肪によるものである場合、皮膚を切開してたるみ部分の脂肪を除去する方法を用います。

この手術で切開する部位はまつげの生え際や目の裏の結膜部分などです。

目じりや目頭など傷跡のわかりにくい部分から脂肪の位置によっては切開することもあるかもしれません。

目の下のたるんだ皮膚を切開するのと脂肪除去を同時に行う方法もあります。

まつげの生え際を数ミリ切開し、目の下の脂肪と下まぶたの皮膚を一部除去します。

そしてまぶたがダラッと垂れ下がらないよう筋肉を一部固定するなどの施術を行います。

下まぶたは上まぶたより重力の影響を受けやすい部位だからです。

目の下の脂肪を除去してたるみを取る方法が、これらの2つの目の下のたるみを取る手術方法になります。

脂肪を除去すると症状や状態によっては目の下全体がへこみ、逆に老けた印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

上の2つ以外にも目の下の脂肪のたるみ部分からへこんでいる部分に移動させる方法があります。

そのような場合に適しているのがこのハムラ法というものです。

移動した目の周りの脂肪組織は、糸で縫いつけて固定する目の下のたるみを取る方法です。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ボトックス小顔のエステ施術

ボトックス小顔注射のエステサロンでの施術というのはどのようなものなのでしょうか。

まず初めにカウンセリングが、エステサロンでボトックス小顔施術を受けるときの流れになります。

次にクリームの麻酔を塗りますので、治療部位のお化粧を落としましょう。

ボトックスの注入部位をクーリングをボトックス小顔注射をした後に行い、エステでの施術は終わりになります。

ボトックス注射の箇所や本数によっても違いますが、ボトックス小顔注射の施術にかかる時間は約10分~1時間程度でしょう。

希望により痛みに弱い方は、全身麻酔が施される事もあります。

エステでの術後は数十分~1時間位休息が必要です。

費用についてですが、ボトックス小顔のエステ施術の場合1箇所当たり15分位で5~8万円ほどだそうです。

ボトックス小顔注射の施術を受けた後の洗顔は問題ありませんが、あまり強くこすらないようにします。

日焼けをしないようにすることはボトックス注入直後は重要です。

紫外線により、注入部位の針穴が色素沈着する可能性やボトックス注入部位に内出血を起こす場合があるからです。

可能な限り、ボトックス注入の前日と当日は、アスピリン、ビタミンEのサプリメントは内服しないようにします。

数日で吸収され消退するとはいえあまり良いものではありません。

ボトックス小顔のエステ施術後に、まれに中和抗体の産生により、小顔効果が認められなくなる事もあるようです。

またボトックスを注入した日は、飲酒、運動、入浴は避けたほうが良いでしょう。

ボトックスの注入が出来ないのは、妊娠中、授乳中、妊娠する可能性のある方です。

女性にとって顔は命のようなものです。

ボトックス小顔治療が気になるのなら一度、エステサロンやクリニックに行って、カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

ボトックス小顔のエステ施術によって、あなたの希望する理想的な小顔を手に入れることができるでしょう。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ボトックス小顔治療のメリットとデメリット

ボトックス小顔治療にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ボトックスによる小顔治療が広まる前によく行われていたしわ治療が、メスを使用した小顔治療でしょう。

今までよく行われていたのは、耳の後ろ辺りの皮膚を切除し、顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるという外科手術による小顔治療でした。

メスを使わずに注射だけで済む様になったのは、ボトックス小顔治療が登場したおかげであり、従来よりも患者さんの心身の負担が軽くなったといえるのではないでしょうか。

またボトックス小顔治療の効果は数ヶ月で消えてしまいます。

仮にボトックス小顔治療の術後結果が気に入らなくても、数ヶ月我慢すれば元に戻ります。

デメリットは小顔治療の方法にはあるのでしょうか。

定期的にボトックスを打たなければ、ボトックスの小顔効果を維持することはできません。

ボトックスは筋肉を動かす為の神経伝達物質アセチルコリンの放出を止め、表情じわの表情筋が動きにくくリラックスした状態をつくります。

3ヶ月位経つと神経から新しい運動神経の側副枝が伸びる為、ボトックス注射を1度したとしても新しくアセチルコリンの放出がおこってきます。

その為ボトックス小顔治療は、年に2~6回程度手術を受ける事が必要となるのがデメリットといえます。

表情筋の動きを抑制し過ぎてしまい、表情が乏しくなって、能面の様になることがボトックスの注入量があまりにも多いと起こり得ます。

ですからボトックス注射の経験が豊富なドクターを慎重に選ぶことをおすすめします。

また免疫系の過剰反応を引き起こす事もあるので、ボトックス小顔治療の際は事前によく相談する必要があります。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ボトックスで小顔治療をする

今注目を浴びているボトックス治療は、小顔効果が期待出来る治療法といわれています。

ボトックスは、欧米ではシワに対する治療方法として選ばれるポピュラーな治療となっており、FDAでも認可され、ボトックスの安全性は確立されているようです。

一番高品質で安全性が高いのが、いくつかの種類があるボトックス治療に使われるA型ボツリヌス菌毒素製剤のなかでも、アラガン社の製剤であるといわれます。

効果が少ない物や、他の部位に流れやすく下垂を起こしやすい物も、ボトックスの製剤によってはあるといいます。

最近美容エステで人気のエステコースには、話題の美容成分ボトックスを使ったボトックス小顔治療もあります。

今美容業界でボトックス治療は小顔効果が期待出来る治療法として注目を浴びているものなのです。

筋肉を収縮し小顔効果をもたらすためにボトックス小顔治療は、ボツリヌス菌の毒素を抽出して薬にしたボトックスを、筋肉に注射していくものです。

ボトックスをエラや下膨れの部分に注射する事でその筋肉の動きを止めます。

使われない筋肉が退化する事で顔を小さくする効果が徐々にあらわれるのです。

ボトックス小顔治療はボトックス注射気になる部分していくことで、筋肉の働きを止めそれにより小顔効果が期待できるというものです。

小顔治療の効果がボトックスによってどれ位で現れるかは、個人差があるものです。

普通はボトックス注射をした数週間後に徐々に効果が現れ、1ヶ月程たつと顔がほっそりしてくるといいます。

ボトックス注射は小顔維持の為、年に何度か打つ必要があります。

エラや下膨れに悩んでいる人には、顔を切る事なく小顔になれるこのボトックス小顔治療はたいへんお勧めの治療法です。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

自宅でできるセルライトエステ

エステサロンでのセルライトエステは、だいたい1コースが5千円~1万円くらいで受けることができます。

自分のうちで簡単な法方で、このセルライトエステができないかと、探してみました。

自分でもできる簡単なセルライトエステは、まず血行を良くすることが目的で、軽い運動や温冷浴などを毎日行うといいでしょう。

もうひとつ簡単に自分で行えるセルライトエステにリンパマッサージがあり、これは余分な脂肪や老廃物を除去してセルライト排泄につながります。

毎日意識的にセルライトエステを行うようにすると、細くしたいところを効果的に引き締めることが可能になるのです。

バランスの良い食事で血液をさらさらにすることによって血行を促進することもセルライト改善に役立ちます。

体の中の老廃物や余分なコレステロールをなくすために、水溶性植物繊維をしっかり食べましょう。

水分の排出を促すカリウムやホルモンバランスを整えるヨウ素、血液の生成を助けるミネラルも重要です。

大豆製品や豚肉、レバー、それから青魚、玄米などは基礎代謝をよくしますが、これらに含まれるビタミンB群もセルライト除去につながります。

同じように代謝がよくなるカプサイシンを含む唐辛子やコチュジャン、それから血液循環をよくする抗酸化成分を含む緑黄色野菜やにんにくなどもしっかり摂るようにするといいでしょう。

セルライトエステに通ってみるのも、自宅でセルライトエステをやってみるのもあなた次第です。

セルライトエステで、体の内と外、両面からどんどん美しく健康的になっていきましょう。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

セルライトをエステで改善する

ダイエット情報の中でよく耳にするセルライトという言葉は、血行が悪くなったり代謝がよくなかったりしたときに脂肪が固まりになり、皮膚表面がでこぼこになる状態を言います。

ダイエットや運動を行って一度体重が落ちたとしても、このセルライトは頑固になくならないことが多く、またリバウンドにつながることも多いのです。

いくらがんばってダイエットを成功させたとしても、リバウンドの元を残したままなのではその努力も無駄になるでしょう。

このごろはエステでも、このリバウンドの元と考えられているセルライトを改善するエステが話題になっているようです。

エステでは、セルライトエステというのがあり、セルライトケア専用のマシーンを使いながら、セルライトをなくしていくというのがこの方法なのです。

セルライトエステの法方は、血管とリンパに働きかけて、血液やリンパ液の流れを促進し、セルライトを除去させます。

エステで使われるセルライト専用のケアマシンーンは、いろいろなダイエット効果をもたらすようです。

レーザーを使ったセルライトエステは、リンパと血液の流れを刺激するためにレーザーを働かせ、固まってしまったセルライトを排泄するのです。

セルライトのある部分を直接冷却することでセルライトを排泄する、クーリングという法方もセルライトエステのひとつです。

クーリングというセルライトエステは、患部を一時的に冷却することで毛細血管が温まろうとする力を引き出すこともできます。

マッサージマシーンによるセルライトエステは、皮膚組織をリズミカルにマッサージします。

ポンプの振動によってリンパ管が刺激され、リンパがスムーズに流れることでセルライトがうまく除去されるのです。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

フェイシャルエステの上手な利用方法

スキンケアにフェイシャルエステを受けることはいい方法ですが、行く前の情報収集は重要です。

いくらかかるのか、内容はどのようなものかは把握しておきましょう。

快適なフェイシャルエステを施してもらうためにも、疑問点はつぶして問題のないようにしておきましょう。

フェイシャルエステとは、お肌が乾燥した時に利用するものでもなく、お肌にトラブルがある人が利用するものでもありません。

場合によっては全身マッサージよりも元気になれるエステです。

あるエステサロンは、フェイシャルエステを即効性のあるサプリメントだと表現するほどです。

典型的なフェイシャルエステでは、エステサロンで手触りのいいガウンに着替え、優雅な気持ちで柔らかなベッドにゆったりと横たわるところから始まります。

専門家のマッサージを満喫しながら、照明と音楽で演出された別空間に浸ることができます。

中には、あまりの気持ちよさに寝入ってしまう人もいます。

快適な眠りから目覚めると、フェイシャルエステが仕上がり見違えたような素肌に触れることができます。

そんな夢が現実となったなら、とても嬉しいことではないでしょうか。

それぞれのエステサロンが、趣向を凝らしたフェイシャルエステを用意しています。

自分の目的と好みに合わせて、しっかり調べて確かなメニューのあるサロンを上手に選んで利用したいものですね。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

dietone

Author:dietone
名前 : 石井秀美
年齢 : 28歳
職業 : ヘッポコエステシャン

スポンサードリンク














アフィリエイト

最近の記事
リンク
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。