東京安心安全美容整形外科 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に役立つ美容成分

若々しいお肌を維持するためには、ヒアルロン酸やコラーゲンが重要な役割を担います。

コラーゲンとヒアルロン酸は、体の中でも作られています。

美容だけでなく生命維持にも重要な成分であり、ヒアルロン酸は炭素や水素などで構成されるムコ多糖類です。

ヒアルロン酸もコラーゲンも加齢と共に体内での生産量が減っていくので、特に美容にこだわる方は、サプリメント等で外部から補わなくてはなりません。

美容整形の場でも使われているヒアルロン酸は、美肌効果が期待される成分です。

サプリメントなどに含まれるコラーゲンやヒアルロン酸は、動物から天然の成分を抽出して使われていますが、コラーゲンはバイオ技術によっても製造が可能です。

人工的に製造されるヒアルロン酸は安価で大量生産が可能な為、コラーゲンよりも化粧品等に多く用いられているようです。

化粧水をつけた肌がみずみずしさを増ししっとりとした感覚がする場合、ヒアルロン酸ナトリウムの効果である可能性があります。

ヒアルロン酸は、美容液や乳液に配合させるのにうってつけの成分といえます。

コラーゲンよりずっと保湿力が高いヒアルロン酸は、美容目的だけでなく点眼や洗口などの目的にも使える、とても汎用的な成分といえます。

ヒアルロン酸は、コラーゲンやビタミンを同時に摂取することによって、効果を効率的に引き出せるという特性があります。

ビタミンCやビタミンB群を上手に使うことで、ヒアルロン酸の吸収効率は高まります。

ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントとビタミンのサプリメントと組み合わせるという方法は、肌の美容と保湿に効果的です。
スポンサーサイト

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コラーゲンとヒアルロン酸の違い

美容に役立つコラーゲンとヒアルロン酸ですが、その性質は異なります。

人体や動物を形作る主要成分である蛋白質でコラーゲンは作られています。

ヒアルロン酸はムコ多糖類という糖の一種です。

コラーゲンはヒアルロン酸と共に体内でも作られますが、年を重ねるごとに分泌量が減少してきます。

コラーゲンやヒアルロン酸の量を減らさないでいるためには、サプリメントや天然食品でこれらの成分を補充しなければなりません。

人間の体内の蛋白質の約30パーセントがコラーゲンだと言われており、特に皮膚の真皮部分については70パーセントを占めるコラーゲンは重要な成分なのだそうです。

コラーゲンは体内の臓器に対しても重要な役割を担っています。

細胞を増やしたり、連結させたり、支持したり、傷口をおさえる機能も有しています。

体内のコラーゲンが欠乏すると、肌が乾燥しシワやシミが増えるだけではありません。

関節の痛みや骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

食べ物からコラーゲンを取り入れることもできますが、コラーゲンは脂肪の多い食品に多く存在しているので、健康を害する恐れがあります。

タンパク質に属するコラーゲンはアミノ酸なので、コラーゲンを多く摂取してしまってもさほど異常はありません。

コラーゲンの美肌効果に期待を寄せている方なら、ヒアルロン酸も摂取するといいでしょう。

ヒアルロン酸はエステでも用いられているお肌の美しさに重要な効果のある成分です。

美肌サポートの飲料や食品には、1つの商品でコラーゲンとヒアルロン酸を含んでいるものも増えてきているので、若々しいお肌のために試してもいいでしょう。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コラーゲンとヒアルロン酸の関係性

ヒアルロン酸とコラーゲンは、美容や老化防止に重要な物質です。

コラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、お肌の潤いが無くなりカサカサした乾燥肌になってしまいます。

コラーゲンとヒアルロン酸はバランスよく皮膚内に存在している必要があります。

どちらか片方が多くても、もう一方の含有量が少なければお肌のコンディションは崩れてしまうので、両者の量に気を使ってください。

毎日の食事からコラーゲンを摂取するという方法もありますが、ダイエットのために食事をセーブしている場合はコラーゲンサプリメントを使うというやり方もあるでしょう。

サプリメントやドリンクにはヒアルロン酸が配合されているものがありますので、食品の含有率が少ないヒアルロン酸はこちらから補充してください。

ヒアルロン酸とコラーゲンはどちらも良く耳にする美容成分ですが、どこが違うのかご存知ですか。

美容成分として様々なサプリメントに使われているコラーゲンとヒアルロン酸ですが、それぞれ違う成分です。

ムコ多糖類であるヒアルロン酸と、動物性蛋白質であるコラーゲンは、別個の物質なのです。

よりアレルギー反応が顕著に表れるのは、動物性蛋白質であるコラーゲンの方だとされています。

ただしヒアルロン酸の場合、成分を凝縮したドリンクやサプリメントは高価になる傾向があります。

ただし、肌の保水能力を高めるのがヒアルロン酸による作用であり、ぷるんとした肌の張りを保つのがコラーゲンです。

どちらの成分がより必要ということはなく、コラーゲンとヒアルロン酸は両方とも肌に必要ですので、両方とも補充してください。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

dietone

Author:dietone
名前 : 石井秀美
年齢 : 28歳
職業 : ヘッポコエステシャン

スポンサードリンク














アフィリエイト

最近の記事
リンク
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。