東京安心安全美容整形外科 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性の自己処理による脱毛




どのような自己処理方法が、男性の脱毛をする場合には考えられるのでしょうか。

男性が自己処理で脱毛する方法には、毛抜きで1本1本引き抜くツィージングがあります。

ツィージングによる脱毛の長所は再生が遅い点です。

短所は痛みがある点と毛包に炎症や化膿の恐れがある点です。

脱毛時の注意すべき点は、細菌感染を起こさない様に脱毛後の皮膚を清潔に保つことです。

よく行われる男性の脱毛方法としては、カミソリで剃るシェービングもあげられます。

カミソリの脱毛の難点といえば、切り口が太くなり毛が濃くなった様に見える事と、度々行わなくてはならないということです。

ハサミで切るカッティングも、男性の脱毛にはあります。

皮膚に刺激を与えない点が長所で、度々行わなくてはならない点と、切り口が太くなる点が短所といえるでしょう。

脱毛ムースや脱毛クリームを使用して毛を溶かす人気の脱毛方法、ケミカルリムーブというものもあります。

切り口が自然で滑らかなことが特徴で、皮膚に刺激を与えるので、接触性皮膚炎を起こす事があるようです。

ケミカルリーブの場合、脱毛の処理時間は短く、しっかりと洗い流すようにしましょう。

また使用前にパッチテストを行うことが、とくに皮膚の弱い方には重要でしょう。

自己処理は自分で簡単に脱毛出来るのは良いのですが、注意すべきなのはお肌を痛めたり毛を濃くしてしまう事もあるということです。

投稿者 友近由紀子

東京安心安全美容整形外科のTOPへ
スポンサーサイト

テーマ : 愛されモテボディになる!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

アンチエイジング手術で美肌になる




美容外科やエステなどで美肌アンチエイジングのための施術をしてもらう人は少なくありませんが、中でもメス不要の手術が人気のようです。

アンチエイジングを目的として、ヒアルロン酸やデトックスを注射し美肌効果を得るコースもあります。

メスを使用せず注射器を使った美肌手術は加齢によるしわに効果が高く、一回の施術で効き目を実感できる為、美肌アンチエイジングとしては大変人気のある手術方法です。

また、ヒアルロン酸やデトックスは体内で悪影響を及ぼすことはなく、副作用を気にせず誰にでも使える成分であるといえます。

レーザーによる美肌アンチエイジング手術もあります。

レーザー手術のメリットは、広範囲をカバーしてくれるので顔全体の美肌アンチエイジングが実現可能です。

毛穴が黒っぽく目立ってきた方や、しみやほくろを消したいという方は、レーザーで代謝を活性化させましょう。

皮膚に負担がかかり赤く腫れる心配も、レーザーならば大丈夫です。

肌が光に負けてしまうのではないかという危惧も、事前のパッチテストなどで氷解するでしょう。

美容成分を注射で皮下に注入するという方法は、コストが高くならずに済み、手術に時間がかからず、その日のうちからメイクなども可能です。

あなたもぜひ美肌アンチエイジング手術を扱っているクリニックに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

美肌アンチエイジングの手術についてわからないことや気になることがあるなら、無料カウンセリングを利用するのもいい方法です。

投稿者 友近由紀子

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

多汗症手術後の注意点




術後の状況についても多汗症手術を受ける前に把握しておく必要があります。

多汗症の手術を受けた当日でもお風呂に入ることもシャワーを使うことも可能ですが、手術を受けた場所が濡れないように気をつける必要があります。

洗髪は頭を下げて洗えば大丈夫です。

手術を受けてから7日間ほどは、細菌感染などを防ぐため飲酒は控えましょう。

多汗症の手術による傷が完治する迄は1ヶ月前後かかります。

エクササイズや運動の制約はないものの、わきの多汗症手術を行った場合は腕を激しく動かすボクシングなどは控えましょう。

手術で用いられた糸は自然に取れるか体に分解吸収されるため、再度病院に行って抜糸をしてもらわずとも大丈夫です。

手術で多汗症治療を行っているのは、皮膚科以外には美容外科や形成外科です。

多汗症手術についての生涯保障制度があるという医療施設も存在していますので、病院選びは情報収集と共にじっくり行いましょう。

医療施設を選択し、満足できる多汗症の手術を受けるためには、多汗症手術の内容についてある程度の情報を得ておく必要があります。

わからない点があったら、遠慮せずに手術をする病院に問い合わせましょう。

多汗症の症状や手術の方法についてある程度の知識を得た上で、どういった病院なら安心できるかを見極めることが大事です。

投稿者 友近由紀子

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

多汗症の手術は医療機関で




多汗症対策を手術によって行うという人は少なくありませんが、せっかく手術をしたのに発汗が続いたり、気になる手術跡ができる場合があるようです。

多汗症の症状が改善されない一番大きな理由は何でしょう。

それは、執刀医が手術中に原因となるエクリン汗腺が除去されているかどうかの確認不足で、エクリン汗腺が残ってしまうことです。

医師のスキルによっては、多汗症手術でメスの跡が目立ってしまうということがあります。

多汗症手術についての説明が不十分な医療機関もあるので事前に確認するようにしましょう。

多汗症手術の医療機関はくれぐれも慎重に選ぶようにしましょう。

多汗症手術を受ける際には、どのような内容の手術になるのか十分に説明を受けて、できるだけ不明点をなくしておくことが重要です。

ボトックス注射によって多汗症の症状を緩和するというやり方もあります。

ボツリヌス菌を原料に製造されたボトックスを注射することによってエクリン汗腺からの発汗作用を抑制し、多汗症を緩和するというやり方です。

体内の循環などを司る交感神経に作用する働きが、ボトックスにはあります。

交感神経の働きによってエクリン汗腺の働きは抑制され、汗が出にくくなるのです。

比較的簡単な方法なので、外科的手術に抵抗がある人や時間が無い人にお薦めの多汗症の治療方法です。

投稿者 友近由紀子

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

多汗症の原因




てのひらや脇の下などにかく汗を気にする人は多いですが、なぜ多汗症が起きるのでしょう。

体温調整や老廃物の排出のために人体には汗を分泌するための汗腺がありますが、この汗腺のエクリン汗腺が多汗症の直接的な理由となっています。

エクリン汗腺は全身に広く分布し、皮膚の表面に汗を分泌する役目をしています。

人の体は、皮膚表面からの温度を下げたい時は汗をかくようにできていて、汗が蒸発し皮膚の温度が下がる作用で体温調整をしています。

エクリン汗腺は精神的に緊張した時にも汗が分泌されるのが特徴です。

多汗症の手術は、エクリン汗腺から大量の汗が出るという方が受けているようです。

普通は汗を少量しかかかないような時でもたっぷり発汗する症状が、多汗症の症状です。

程度が重い場合は、どんな時でも汗をかきやすく、常時発汗しているような症状が出ます。

発汗作用そのものはおかしな症状ではありませんが、意思とかかわらず起こる分振り回されることも多く、多汗症の手術での症状改善を期待するようになります。

生まれつきの体質により、エクリン汗腺の量は決まっており、多汗症も体質の一種です。

エクリン汗腺は、食事や生活リズムで増減するものではありません。

汗を分泌する器官であるエクリン汗腺を手術で減らし汗を出にくくすることが、多汗症手術の目的となります。

投稿者 友近由紀子

東京安心安全美容整形外科のTOPへ

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

dietone

Author:dietone
名前 : 石井秀美
年齢 : 28歳
職業 : ヘッポコエステシャン

スポンサードリンク














アフィリエイト

最近の記事
リンク
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。