東京安心安全美容整形外科 2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトフェイシャルとしみ改善の内容

皮膚内に存在するミトコンドリアはコラーゲンを作り出す機能があります。

この機能を最大限に生かす先端技術がフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルとは、フェイシャルエステの技術の粋をこらしたものといえるでしょう。

肌年齢に逆らう美肌の方法と期待されるのがフォトフェイシャルです。

体験した人の多くが、しみ改善や肌の潤い、張りなど肌が年齢に反して若返ったという印象を持っている場合が多いようです。

現在フォトフェイシャルは、医療クリニック等で行われています。

通常は数回の施術で、しみ等の肌トラブルの改善が期待できるとされています。

光を使用すると聞くと、レーザー治療が頭に浮かぶ方も多いのでは無いでしょうか。

フォトフェイシャルの光は、レーザー光と違って1種類だけでできてはいません。

様々な波長の光を広い範囲に照射することによって皮膚の線維芽細胞を活性化させ、皮膚に現れるしわやしみを解消するというコラーゲンを増やす作用があります。

フォトフェイシャルはダウンタイムがいらないという長所があります。

マイルドな光を肌にあてるので、肌へのダメージが少ないのです。

直後のメイクも可能なので、気軽に受けることができます。

人によってはフォトフェイシャルを行って、肌がフォトフェイシャルの光に過剰反応を起こして無かったはずのしみのような黒点が現れてしまうといったケースもあるそうです。

しみを消すことを目的にフォトフェイシャルを利用する時は、あらかじめカウンセリングで相談をすることが大事です。
スポンサーサイト

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

フォトフェイシャルとしみ対策

エステで人気のフォトフェイシャルは、お肌の老化作用の防止のためアメリカで1988年に産み出されました。

フォトフェイシャルは、しみやしわ等、女性の肌の悩みを解決するとされています。

フォトフェイシャルで用いる光は肌の引き締め効果や美肌効果、しみを目立たなくする効果があるといわれ、キセノンランプで多用な波長を組み合わせて作られたものです。

フォトフェイシャルは線維芽細胞を刺激してコラーゲンやヒアルロン酸など肌の若さを保つための成分の生成を助けます。

美肌効果のあるコラーゲン増加の他にも、フォトフェイシャルの光はオキシヘモグロビンやメラニンに熱を吸収させる働きがあるといいます。

色素沈着や毛細血管の拡張の改善が期待できるそうです。

フォトフェイシャルは肌内部から働きかけ、くすみやしわ、そばかすの改善効果を肌の奧からもたらし、なめらかで色むらのない肌を作り出します。

フォトフェイシャルとは医療機関で行われる美容施術であり、美容クリニックや医療クリニックで取り扱われています。

数回繰り返し行うことで、しみ改善などのフォトフェイシャルの効果が実感できるとされています。

フォトフェイシャルの光を照射する部位は顔や首周りなどです。しみ解消、しわ改善に効果がある他に、肌を引き締め小顔になれるとも言われています。フォトフェイシャルを受ける時は、紫外線の影響で肌が黒くなっている人や日焼けに敏感な肌の人はしみが増加するリスクがあります。

フォトフェイシャルを受ける時にはカウンセリングがありますので、肌のしみ消しを求める時はそこで話を聞くといいでしょう。

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

dietone

Author:dietone
名前 : 石井秀美
年齢 : 28歳
職業 : ヘッポコエステシャン

スポンサードリンク














アフィリエイト

最近の記事
リンク
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。