東京安心安全美容整形外科 ボトックスによる多汗症治療の危険性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトックスによる多汗症治療の危険性

ボトックスで多汗症治療を行ってから3~4ヶ月以内に筋肉をゆるめる薬や精神安定剤、抗菌剤パーキンソン病治療薬を飲むとトラブルが発生する危険性があるようです。

この他、胎児がいる時はボトックスの安全性がはっきりしていません。

問題があると感じたなら、手術を受けたところに速やかに受診してもらいましょう。

手術を受けた後、ボトックスの皮下注射をされた箇所を押す、こするといった動作は危険なのでやめてください。

ボトックス注入には、ボトックスを液体にして間隔をあけて数カ所に注射します。

そのため、圧迫などにより液が拡散すると多汗症の目的の筋肉以外の部分まで効果が広がる危険性があるためです。

ボトックスで施術する汗腺と、体内の筋肉の存在する場所は深さが異なります。

身体を動かす筋肉は多汗症治療の部位と違うため、運動の筋肉に支障は出ません。

施術方法に問題がない限り、ボトックスそのものは安全に使用ができます。

いいクリニックで受けたいものですね。

ボトックスより価格の安い製品に、イプセン社のディスポートがあります。

ですが、ディスポートはアラガン社の開発したボトックスの約5倍の量が必要となります。

良心的なクリニックなら問題はないのですが、ところによっては古いボトックスの使い回しや、過剰に希釈したボトックスを使うところもあるので要注意です。

東京安心安全美容整形外科のTOPへ
スポンサーサイト

テーマ : 美容整形・プチ整形・美容外科
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dietone

Author:dietone
名前 : 石井秀美
年齢 : 28歳
職業 : ヘッポコエステシャン

スポンサードリンク














アフィリエイト

最近の記事
リンク
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。